PostTweetでハッシュタグを入れる

ツイッターに連動させたので、ツイートにハッシュタグを入れたいというご要望にお応えし、方法を考えてみました。

新しくハッシュタグ用の<$mt:entryhash$>というカスタムフィールドを作ります。そこに前のつぶやき通り、大文字で#を入れた後にタグを入力してPostTweetを再投稿します。

これだけでは反映されないので、pluginsフォルダ内、「PostTweet/tmpl/message_format.tmpl」をエディタで開いて修正します。

---------
<mt:setvar name="title_len" value="100" />

<mt:setvarblock name="title"><mt:entrytitle remove_html="1" /></mt:setvarblock>

<mt:setvar name="category_len" value="100" />

<mt:setvarblock name="category"><$mt:CategoryLabel cutfirstchar="3"$></mt:setvarblock>

<mt:setvarblock name="link"> | <mt:entryshortenedpermalink /></mt:setvarblock>

<mt:setvarblock name="link_len"><mt:var name="link" count_characters="1" /></mt:setvarblock>

<mt:setvar name="entryBody_len" value="50" />

<mt:setvarblock name="entryBody"> | <$mt:EntryBody$></mt:setvarblock>

<!--これを追加-->
<mt:setvar name="entryhash_len" value="20" />

<mt:setvarblock name="entryhash"><$mt:Entryhash$></mt:setvarblock>
<!--これを追加 おわり-->

<mt:setvar name="title_len" op="|" value="$link_len" />

<!--ここもentryhashを入れて修正-->
<mt:var name="title" trim_to="$title_len" /><mt:var name="category" />&nbsp;<mt:var name="entryhash" /><mt:var name="link" /><mt:var name="entryBody" trim_to="38"$>...
<!--ここも修正 おわり-->

----------


最後の一文で<mt:var name="entryhash" />の前に&nbsp;を入れないと、ハッシュタグは機能しません。ご注意を。

PostTweetでmessage_format.tmpl書き換え時の微注意

EntryBodyはそのままだと、htmlタグも入れてしまいますので、
以下のようにします。
 
pluginsフォルダ内、「PostTweet/tmpl/message_format.tmpl」をエディタで開きます。

タイトルと短縮URL、本文を38文字まで表示、以降は...が表示される。
-----------------------

<mt:setvar name="title_len" value="140" />
<mt:setvarblock name="title"><mt:entrytitle remove_html="1" /></mt:setvarblock>
<mt:setvarblock name="link"> - <mt:entryshortenedpermalink /></mt:setvarblock>
<mt:setvarblock name="link_len"><mt:var name="link" count_characters="1" /></mt:setvarblock>
<mt:setvar name="entrybody_len" value="50" />
<mt:setvarblock name="entrybody"> | <$mt:EntryBody remove_html="1" $></mt:setvarblock>
<mt:setvar name="title_len" op="-" value="$link_len" />
<mt:var name="title" trim_to="$title_len" /><mt:var name="link" /><mt:var name="entrybody" trim_to="38"$>...


-------------------

<$mt:EntryBody remove_html="1" $>
ですね。

お薦めメールフォームプラグイン

MTにメールフォームを組み込むプラグインです。


とても簡単に設置できました。
ダウンロードすると、ファイルが4つ現れます。
インデックステンプレートと、テンプレートモジュールを新規で作って、ファイルの内容をコピペで置くだけの簡単さ。
スタイルシートで、体裁を整えればできあがりです。

ブログ記事をFacebookに連動させる

Facebookって面白いですね~。ログインしてびっくり!
「友達かも」の欄に知り合いの顔がずらーっと並んでいます。
わー5年前派遣でお世話になった会社の上司がいる!Fさんお元気ですか。その節は大変お世話になりありがとうございました。


というわけで、ブログ記事の更新をFacebookと連動させる記事を探しました。
「むらごんの思い込みWeblog」の記事の中の、My Blog Postsを試しました。


むらごんさんありがとうございます。

プラグイン「PostTweet」でtwitter連動

PostTweetの導入方法はこちらをご覧ください。

結構簡単に、組み込めるプラグインです。

ディフォルトだと、ツイッターにはタイトルとURLしか表示されません。
そこに、カテゴリと、カスタムフィールドのテキストを表示するよう、カスタマイズしてみました。

FTPで、mtルートのpluginsフォルダ内、「PostTweet/tmpl/message_format.tmpl」をエディタで開きます。

**デフォルトでは、以下です。**

------------------------
<mt:setvar name="title_len" value="140" />

<mt:setvarblock name="title"><mt:entrytitle remove_html="1" /></mt:setvarblock>

<mt:setvarblock name="link"> - <mt:entryshortenedpermalink /></mt:setvarblock>

<mt:setvarblock name="link_len"><mt:var name="link" count_characters="1" />
</mt:setvarblock>

<mt:setvar name="title_len" op="-" value="$link_len" />

<mt:var name="title" trim_to="$title_len" /><mt:var name="link" />
------------------------



**カテゴリと<$mt:Entry006$>を表示できるようにしたのが以下です。
<$mt:Entry006$>は40文字以降は...で省略します。**

------------------------
<mt:setvar name="title_len" value="100" />

<mt:setvarblock name="title"><mt:entrytitle remove_html="1" /></mt:setvarblock>

<mt:setvar name="category_len" value="100" />

<mt:setvarblock name="category"><$mt:CategoryLabel></mt:setvarblock>

<mt:setvarblock name="link"> | <mt:entryshortenedpermalink /></mt:setvarblock>

<mt:setvarblock name="link_len"><mt:var name="link" count_characters="1" /></mt:setvarblock>

<mt:setvar name="entry006_len" value="50" />

<mt:setvarblock name="entry006"> | <$mt:Entry006$></mt:setvarblock>

<mt:setvar name="title_len" op="|" value="$link_len" />

<mt:var name="title" trim_to="$title_len" /><mt:var name="category" /><mt:var name="link" /><mt:var name="entry006" trim_to="40"$>...
------------------------



**カテゴリと<$mt:Entry006$>か<$mt:Entry001$>を表示できるようにしたのが以下です。
<$mt:Entry00n$>は40文字以降は...で省略します。
カテゴリは頭に3けたの連番をつけてソートしているので、その番号を消して表示します。**

------------------------
<mt:setvar name="title_len" value="100" />

<mt:setvarblock name="title"><mt:entrytitle remove_html="1" /></mt:setvarblock>

<mt:setvar name="category_len" value="100" />

<mt:setvarblock name="category"><$mt:CategoryLabel cutfirstchar="3"$></mt:setvarblock>

<mt:setvarblock name="link"> | <mt:entryshortenedpermalink /></mt:setvarblock>

<mt:setvarblock name="link_len"><mt:var name="link" count_characters="1" /></mt:setvarblock>

<mt:setvar name="entry006_len" value="50" />

<mt:setvarblock name="entry006"> | <$mt:Entry006 blog_id="6"$></mt:setvarblock>

<mt:setvar name="entry001_len" value="50" />

<mt:setvarblock name="entry001"><$mt:Entry001 blog_id="5"$></mt:setvarblock>

<mt:setvar name="title_len" op="|" value="$link_len" />

<mt:var name="title" trim_to="$title_len" /><mt:var name="category" /><mt:var name="link" /><mt:var name="entry006" trim_to="40"$><mt:var name="entry001" trim_to="40"$>...
------------------------
上記は、MTの中に複数のブログが入っていて、同じツイッターに連動させる時にこのような設定をします。

ツイッターに記事が現れると、最初めっちゃ感動します。


4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14

▲トップへ戻る

* FEED


presented by 地球の名言