検索結果ページを分割するプラグイン「DivPages」

「SearchEntries」でできた検索結果ページには、「PageBute」プラグインでのページ分割が効きません。
そこで検索結果ページ用のページ分割プラグインをインストールして設定します。

DivPages 

詳しくは上記制作者のサイトを参照ください。

これも優れたプラグインです!
使いやすい。

カスタムフィールドを検索するプラグイン「SearchEntries」

MT標準の検索プログラム、<$mt:SearchScript$>では、カスタムフィールドの検索はできません。
プラグインが必要になります。

検索するとまず上がってくるのは、ToI企画さんの「CustomFieldsSearchだと思います。結構有名ですね。
しかし、MTOSでカスタムフィールドをプラグインで作った場合、上記プラグインは使えないようです。
エラーが出ます。

私は藤本 壱さんの「MTOS活用テクニック」を参考にカスタムフィールドを作っています。
mtosbook.jpg

この本の中に、この本を参考に作ったカスタムフィールドを検索するプラグインを紹介しています。
それが「SearchEntries」です。

ダウンロードは以下からできます。

ただし、サイトに載っている情報は、MT標準のカスタムフィールドにしか対応していません。
「MTOS活用テクニック」を使っている人は、この本に出てくるタグを使わないとエラーが出ます。

素晴らしいプラグインです!
そして素晴らしい参考書です!!
激お薦め。

PostTweetでハッシュタグを入れる

ツイッターに連動させたので、ツイートにハッシュタグを入れたいというご要望にお応えし、方法を考えてみました。

新しくハッシュタグ用の<$mt:entryhash$>というカスタムフィールドを作ります。そこに前のつぶやき通り、大文字で#を入れた後にタグを入力してPostTweetを再投稿します。

これだけでは反映されないので、pluginsフォルダ内、「PostTweet/tmpl/message_format.tmpl」をエディタで開いて修正します。

---------
<mt:setvar name="title_len" value="100" />

<mt:setvarblock name="title"><mt:entrytitle remove_html="1" /></mt:setvarblock>

<mt:setvar name="category_len" value="100" />

<mt:setvarblock name="category"><$mt:CategoryLabel cutfirstchar="3"$></mt:setvarblock>

<mt:setvarblock name="link"> | <mt:entryshortenedpermalink /></mt:setvarblock>

<mt:setvarblock name="link_len"><mt:var name="link" count_characters="1" /></mt:setvarblock>

<mt:setvar name="entryBody_len" value="50" />

<mt:setvarblock name="entryBody"> | <$mt:EntryBody$></mt:setvarblock>

<!--これを追加-->
<mt:setvar name="entryhash_len" value="20" />

<mt:setvarblock name="entryhash"><$mt:Entryhash$></mt:setvarblock>
<!--これを追加 おわり-->

<mt:setvar name="title_len" op="|" value="$link_len" />

<!--ここもentryhashを入れて修正-->
<mt:var name="title" trim_to="$title_len" /><mt:var name="category" />&nbsp;<mt:var name="entryhash" /><mt:var name="link" /><mt:var name="entryBody" trim_to="38"$>...
<!--ここも修正 おわり-->

----------


最後の一文で<mt:var name="entryhash" />の前に&nbsp;を入れないと、ハッシュタグは機能しません。ご注意を。

PostTweetでmessage_format.tmpl書き換え時の微注意

EntryBodyはそのままだと、htmlタグも入れてしまいますので、
以下のようにします。
 
pluginsフォルダ内、「PostTweet/tmpl/message_format.tmpl」をエディタで開きます。

タイトルと短縮URL、本文を38文字まで表示、以降は...が表示される。
-----------------------

<mt:setvar name="title_len" value="140" />
<mt:setvarblock name="title"><mt:entrytitle remove_html="1" /></mt:setvarblock>
<mt:setvarblock name="link"> - <mt:entryshortenedpermalink /></mt:setvarblock>
<mt:setvarblock name="link_len"><mt:var name="link" count_characters="1" /></mt:setvarblock>
<mt:setvar name="entrybody_len" value="50" />
<mt:setvarblock name="entrybody"> | <$mt:EntryBody remove_html="1" $></mt:setvarblock>
<mt:setvar name="title_len" op="-" value="$link_len" />
<mt:var name="title" trim_to="$title_len" /><mt:var name="link" /><mt:var name="entrybody" trim_to="38"$>...


-------------------

<$mt:EntryBody remove_html="1" $>
ですね。

お薦めメールフォームプラグイン

MTにメールフォームを組み込むプラグインです。


とても簡単に設置できました。
ダウンロードすると、ファイルが4つ現れます。
インデックステンプレートと、テンプレートモジュールを新規で作って、ファイルの内容をコピペで置くだけの簡単さ。
スタイルシートで、体裁を整えればできあがりです。
2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12

▲トップへ戻る

2017年2月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

タグクラウド

My Photo