MTでリベンジしよう

車で打ち合わせにでかけました。
会社が終わってから、夕方の国道246号線を走ります。
6時ころでそこそこ混んでました。

今回の打ち合わせの相手の名前、なんだか聞いたことがあります。
なんだろう・・・気のせいかなぁ。
4年くらい前にも一度打ち合わせした気がする。
確か、車の輸出業者で、社長さんは外人だった。

案の定、同じ会社でした。
事務所2年前に引越したそうで、場所が変わっていたので、すぐにはわかりませんでしたが。
ここの社長さん、前打ち合わせ行った時、自家製のカレーごちそうしてくれたっけ。
本場のカレーなのか、肉類が一切入ってなくて、ひよこ豆がごろごろ入ってた。
スパイシーでめちゃくちゃ美味しかったなぁ。

さて、案件内容は、素人でも商品の入れ替えをできるサイトを作って欲しい、とのことです。
前回、お打合せしたときは、私はMTの存在すら知らなくて、商品の入れ替えをホームページ作成ソフトでやらせようとしてた。(酷(^_^;))
見積的にも全く合わず、いいお返事がもらえなかったんだよな。

今の私にはMTがあるので、低コストなご提案が出来るでしょう。
物事は繋がっているんですね。
4年前のリベンジを。いざ。

テキストのカスタムフィールドに改行を反映させる

カスタムフィールドでテキストエリアを作りましたが、改行が反映されません。
応急処置として、記事内に<br>タグを入れれば改行されますが、全くもってめんどくさいです。

で「小粋空間」さんのサイトを参考に、MTタグに以下付け足しました。

例えば

<$mt:EntryAble$>
ならば
<$mt:EntryAble filters="_default_"$>

小粋さんいつもありがとうございます。

神楽坂で打ち合わせ

東京はオフィス街とはちょっと違った顔を持つエリアがあります。

神楽坂はその名の通り坂なのですが、なんか歴史を感じる坂でした。
なんだろう・・・。別に古い家屋が残っているわけでもないし、マックやコンビニなんかもばんばんあるのに・・・。

なんだか不思議な場所です。

天気の良い日だったので、お堀に青空が映って、紅葉がとてもきれいでした。

<飯田橋駅をでたところから撮影>
iidabasi.jpg

<お茶の水に足を運びました>
otyanomizu.jpg

<お昼はスープストック>
soupstock.jpg

満足。

メインページの文字数を一定以上でカットする

これは前にプラグインをいれてやったことがありましたが、もっと簡単な方法がありました。

以下、まずソースです。

-------------------

<mt:SetVarBlock name="charaCount"><$mt:EntryBody count_characters="1"$></mt:SetVarBlock>
<mt:If name="charaCount" gt="30">
    <p><$mt:EntryBody trim_to="30"$>...</p>
    <p align="right"><a href="<$mt:EntryPermalink$>">続きをみる</a></p>
   
<mt:Else>
    <p><$mt:EntryBody$></p>
    </mt:If>

------------------

<p><$mt:EntryBody trim_to="30"$>...</p>
で、30文字でカットするようにしてます。で...をつけているのですが、
30文字以内なら...が出ないように、その前の記述で代入、条件分岐させます。

後は「続きをみる」で、ブログ記事へリンクさせます。

ページを分割するプラグイン

PageButeというプラグインで、ページを分割して表示させました。

pagebute.jpg

これはずっと標準搭載の機能だと思っていましたが、プラグインが必要だったんですね。

ダウンロードページはこちらです。

スカイアークシステム
http://www.skyarc.co.jp/engineerblog/entry/2642.html

導入方法は、
解凍ファイルPageBute.pl を plugins ディレクトリにアップロードします。

システムのプラグインに「PageBute」が表示されていれば大丈夫です。

次にテンプレートソースを書き換えます。
私は以下のように書き換えました。

---------------

<mt:pageContents count="5">
<mt:Entries>

~ブログ記事(省略)~

<mt:pageSeparator />

</mt:Entries>

</mt:pageContents>

<div class="content-nav">
<mt:ifPageBefore>
  <span><$MTPageBefore delim="&#65308;"$></span>
</mt:ifPageBefore>
<mt:pageLists />
<mt:ifPageNext>
  <span><mt:pageNext delim="&#65310;" /></span>
</mt:ifPageNext>
</div>

---------------

5件づつ区切ってます。

また、ページ分割の表示は11件づつがデフォルトで、表示数を変えるなら

<mt:pageContents count="5" navi_count="6"> ~ </mt:PageContents>

で6件ずつになります。

注意点は、<mt:Entries>にlasten="n"を設定しないこと。
それと、ブログの設定で表示件数を設定しないことです。

 

6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16

▲トップへ戻る

2017年2月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

タグクラウド

My Photo